サプリ

むくみを解消すると見た目が美しくなる|サプリで撃退

  1. ホーム
  2. 乳酸菌でウイルス対策

乳酸菌でウイルス対策

ウエスト

インフルエンザと乳酸菌

乳酸菌には免疫活性化を促す働きがあり、それがインフルエンザにも効果を発揮します。体内で作られる免疫細胞は、インフルエンザなどのウイルス感染を抑制する重要な細胞です。ナチュラルキラー細胞が活発化することでウイルス対策に効果がある身体を作ります。そのことから腸内環境を守ることが、インフルエンザから身体を守る近道になります。ウイルスにとって天敵となる物質が腸内に存在するので、善玉菌である乳酸菌を摂取することにより、腸内環境を整えて免疫力を高めることでインフルエンザに効果を出します。腸内を守ることが乳酸菌の大切な役割となるのです。これはインフルエンザに限ったことではなく、乳酸菌の摂取で免疫力を高めれば、様々な病気に対して効果や予防が期待できます。乳酸菌による体内の活性酸素を減少させる働きで、老化や美容にも良い効果があり、活性酸素を減らすことがインフルエンザを含めた病気の予防になります。ウイルス予防では、乳酸菌を含むヨーグルトなどを断続して食べ続けることが効果的で、少しずつ悪玉菌を善玉菌で抑制し、腸内バランスを調整していきます。自分自身の免疫力を高めることが、インフルエンザウイルスから身体を守ることになり、腸内から対策していくことが重要となります。善玉菌が大切な物質となるので、ウイルスへの抵抗力を高めるためにも、善玉菌を増やすことができる乳酸菌の摂取が、インフルエンザに対しても効果があります。